スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<女性遺体>空き家の物置でビニールに包まれ…静岡・御殿場(毎日新聞)

 5日午前9時50分ごろ、静岡県御殿場市萩原の住宅敷地内で、プレハブの物置を清掃していた作業員が、物置内でビニールシートにくるまった遺体らしきものを見つけ、110番した。県警御殿場署員が駆け付け、遺体と確認した。遺体は女性とみられ、少なくとも死後数日たっているという。同署は死体遺棄事件の可能性があるとみて、身元の確認を急ぐとともに死因を調べている。

 同署や近くの住民の話によると、この家には夫婦と子どもの家族5人で暮らしていたが、約1週間前に転居して以来、空き家だった。

 現場はJR御殿場駅から南に約1.2キロ離れた住宅街。東名高速道路が近くを走っている。【山田毅、平林由梨】

【関連ニュース】
死体遺棄:竹林から男性の白骨 川崎
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野
金沢切断遺体:韓国・済州島出身の女性と断定
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警
死体遺棄:袋に女性遺体--大阪・高槻

豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
九尺藤 カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
としまえん 「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
大阪・枚方市職員を万引容疑で逮捕 約2万6千円相当(産経新聞)

重文 新たに8件 京町家「杉本家住宅」など(産経新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は16日、京都市内に残る伝統的な町家建築「杉本家住宅」と有明海干拓地に築かれた総延長5・2キロの堤防と樋門(ひもん)「旧玉名(たまな)干拓施設」など8件を新たに重要文化財に指定するよう、川端達夫文部科学相に答申した。これで建造物の重文は2367件となる。

 答申は次の通り。かっこ内は所在地など。

 【重要文化財】旧木下家住宅1棟(福井県勝山市)▽旧賓日館本館など3棟(三重県伊勢市)▽清流亭主屋(おもや)など3棟と土地(京都市)▽杉本家住宅主屋など4棟と土地(京都市)▽名草神社本殿など2棟(兵庫県養父(やぶ)市)▽琴ノ浦温山荘主屋など3棟(和歌山県海南市)▽旧西村家住宅1棟と土地(和歌山県新宮市)▽旧玉名干拓施設末広開潮受(すえひろびらきしおうけ)堤防など7カ所(熊本県玉名市)

 【重要伝統的建造物群保存地区】桜川(さくらがわ)市真壁(まかべ)伝統的建造物群保存地区(茨城県桜川市)

<AED>救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)
猟銃暴発か、射撃訓練場で歯科医死亡…静岡(読売新聞)
スカウト組織から女性紹介=容疑で風俗店経営者ら逮捕-警視庁(時事通信)

“橋下節”封印「今日は招かれざる客なのかな」(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事は16日、大阪市内のホテルで開かれた自民党大阪府連が主催する政治資金パーティー「自民党大阪政経懇談会」に出席。昨夏の衆院選で民主党の政策支持を打ち出した橋下知事は「今日は招かれざる客なのかな」と述べ、谷垣禎一総裁ら自民党の重鎮を前に、勢いのあるいつもの“橋下節”は影をひそめた。

 パーティーには谷垣総裁をはじめ、大島理森幹事長、参院幹事長の谷川秀善府連会長らが出席。橋下知事は来賓代表としてあいさつし、「閉塞(へいそく)感が漂う日本、大阪を何とか自民党のみなさんにかき回していただきたい」と持ち上げた。

 一方で「今日は招かれざる客なのかなと思いつつ、壇上に上がった」と弱気な一面も。昨年9月の堺市長選の応援演説で橋下知事を「独裁者」と呼んだ谷川氏について「いろいろあるけれど、頑張れといわれた。どういう意味かわからないが、大阪をかき回したい」と話し、会場を沸かせた。

 その後、あいさつした谷垣総裁は「大阪は話題が豊富。東京で、新党の動きなどハラハラしながら拝見している」と牽制(けんせい)した。

【関連記事】
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
橋下府知事、「市町村への人事権移譲について文科省はOKだった」
「足元固めないと」「汗をかいたか」 森田知事、舛添氏に苦言
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判
外国人地方参政権問題に一石

<テレビ朝日>通販商品 放送と仕様が異なり商品を再発送(毎日新聞)
<箱館ハイカラ號>今季も運行 北海道(毎日新聞)
知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)
<愛知・豊川の家族5人殺傷>ネット回線再解約が引き金に(毎日新聞)
ペット大量投棄事件、現場に慰霊碑建立検討(読売新聞)

幻の軍師は実在した…有形文化財の信玄書状に「山本管助」、浮かび上がる人物像とは(産経新聞)

 山梨県教育委員会は、鎌倉時代から明治時代の約700年間に書き残された「市河家文書」91点(県所有)を県有形文化財に指定した。市河家文書には武田信玄直筆の「武田晴信書状」が含まれていて、これが架空の人物とされてきた「山本勘助」の実在を証明する貴重な史料となっている。

 市河家は信濃国志久見(しくみ)郷(現在の長野県栄村)を拠点に、鎌倉時代から江戸時代まで続いた氏族の家系。信濃は鎌倉時代初期の甲斐源氏の時代から甲斐(山梨)との関係が深く、市河家も甲斐国出自の可能性が色濃い。

 戦国時代に武田氏が信濃を領国とすると、市河家は支配下に入り、活躍した家と伝えられる。

 注目は県文化財指定91点の中の「武田晴信書状」。

 県教委によると、書状は弘治3(1557)年の3回目の川中島合戦の最中に発給されたものと推定され、架空の人物とみられることが多かった「山本管助」の名が登場する。

 「管助」と一般的にいわれている「勘助」を同一人物と解釈している。

 県教委によると「書状は川中島合戦の作戦を先陣に伝えるためで、『詳しい作戦はこの書状を届けた山本管助に聞け』と記されている」と説明する。書状の写真をよくみると、後部2行目下に「山本管助」の文字が読み取れる。

 信玄が管助に作戦を授けて、これを前戦基地の家来に直接伝えるという手法は機密漏れを防ぐ信玄らしい戦術。奇襲をかけるうえで管助の信頼は厚かったことを証明するが、勘助実在をも証明し、450年前の書状の現存が史実をあぶりだしている。

 市河家に伝わる古文書は重要文化財指定の山形県酒田市の本間美術館所蔵文書が有名だが、古文書の内容や経緯から本「武田晴信書状」が同じ家系に伝えられたものであることは間違いないとして、有形文化財指定となった。

 山梨県立博物館(笛吹市)では「実在した山本管助」展を6月5日から7月5日まで開催予定。管助に宛てた信玄の書状もあり、管助の実像を明らかにするとしている。

「県外への機能移転」検討=北マリアナ諸島は否定的-平野官房長官(時事通信)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)
民主岐阜県連、体制刷新求め党本部に意見書(読売新聞)
超小型衛星 11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)

<木落とし>急坂に熱狂 諏訪大社(毎日新聞)

 6年(数えで7年)に1度開かれる諏訪大社の御柱祭は9日、下社の「山出し祭」が長野県下諏訪町で始まった。氏子たちが長さ約18メートルの御柱に乗って急坂を滑り降りる「木落とし」があり、約7万6000人(観光連盟発表)の観衆を熱狂させた。

 下社山出し祭では、切り出したモミの大木8本を氏子たちが里まで曳(ひ)く。途中にある最難所「木落とし坂」は最大斜度35度、高低差32メートル、長さ約100メートル。氏子は坂の下まで御柱に乗り通すことが名誉とされ、毎回のように負傷者が出ている。この日は3本の木落としがあり、10日に2本、11日に3本行われる。【武田博仁】

【関連ニュース】
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
諏訪大社御柱祭:よいさっ!熱気に包まれ 6年ぶり開幕--長野
ピーピングしのすけのふしあなから世間:諏訪御柱祭を体験=立川志の輔 /東京
御柱祭2010:あすから下社山出し 豪快な「木落とし」3日間--下諏訪 /長野

発砲 福岡でオフィスビルに銃弾5発、ガラス扉に穴(毎日新聞)
<鳩山首相>6月訪中へ 上海万博出席、胡主席らと会談(毎日新聞)
公務員法案が審議入り=自民、みんなの対案も-衆院(時事通信)
<力士暴行死>「減刑は残念」斉藤さんの父(毎日新聞)
気象庁観測課係長、スリ未遂で現行犯逮捕(読売新聞)
プロフィール

Author:わたなべとめきち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。